メニュー

医薬品販売学科

2年制/男女/定員40名

登録販売者として、地域生活者の健康に大きく貢献できる薬のトータルコーディネーターへ。

医薬品販売学科

職業実践専門課程 文部科学大臣認定学科

めざす職種

  • 登録販売者
  • 調剤事務

取得できる資格・検定はコレ!

登録販売者 調剤報酬請求事務専門士2~3級 日本化粧品検定2~3級 サービス接遇実務検定試験 POP広告クリエイター技能審査試験 文書処理能力検定3級


医薬品販売学科 3つの魅力

登録販売者とリテールマーケティング(販売士)検定試験の資格を取得し、地域生活者の健康に大きく貢献できる薬のトータルコーディネーターへ。

POINT01登録販売者の圧倒的な合格率

徹底した登録販売者試験対策を行っているため、合格率の高さには自信があります。充実した授業カリキュラムだけでなく、実務実習先を100%学校が確保し、学校が提携するドラッグストアで安心して実務経験を積むことで、豊富な業務知識が身につきます。1年間の実務実習を通して収入を得ながら、就職にも有利な現場実践力が養われ、更に店舗管理者としての条件を整えることができます。

合格率

POINT02実習先+就職先をフォロー!学内企業説明会を実施!

実習先のサポートはもちろん、就職も学校がサポートするので安心です。各企業によって特徴はさまざま! 自分に合った長く勤めることができる就職先が見つかるように、 学内で企業説明会を実施します♪

POINT03実務で必要とされる美容の知識も学べるカリキュラム

授業の様子

ドラッグストアではヘルス&ビューティに関する商品を多く取り扱います。いま注目されているのは、美容の専門知識を持ち合わせた登録販売者! スキンケア、ヘアケア、メイク用品など美容に関係する商品に対応できるようなカリキュラムも取り入れています。



TOPICS

日本版デュアルシステム

日本版デュアルシステム

日本版デュアルシステムは、学びながら働く、働きながら学ぶことを可能にした職業訓練制度です。ドラッグストアで働いた実務実習がそのまま単位として認められ、その収入を学費に充てることができます



輝く!先輩たち

学生さん写真

学校の雰囲気の良さや、実務実習ができること、資格取得率や就職率が高いことで入学を決めました。入学前に受験した特待生試験では、学納金免除額が最も高い特待生として認定されました。さらに、実習先からの報酬もあり、学費の負担が少ないことも嬉しいポイントですね。

熊谷 涼華さん(宮城県/泉高等学校出身)

登録販売者試験の合格率と就職率が高く、実習の際は常に先生がサポートをしてくださると聞き、この学校へ。学生生活では、実習で経験を積むだけでなく、人として大きく成長することが目標です。卒業後は、お客様が気軽に相談できるような、登録販売者になりたいです。

佐々木 海咲さん(宮城県/気仙沼西高等学校出身)


「将来は調剤薬局に勤務したい。明るく優しいスタッフをめざします。」

「将来は調剤薬局に勤務したい。明るく優しいスタッフをめざします。」

学校の提携しているドラッグストアで、実務と同じような形で実習が行われることや資格取得率が高いことから、この学校に決めました。調剤に関する授業を受けたときに自分に向いているなと感じて、卒業後は調剤薬局へ勤務したいと思いました。明るく優しいスタッフをめざし、資格取得に向けて頑張っています。

右:田中 広史さん(宮城県/石巻北高等学校出身)

左:梅津 三千男先生(パソコン演習)


「人々の健康と美をサポートするビューティーアドバイザーになりたい。」

「人々の健康と美をサポートするビューティーアドバイザーになりたい。」

最近、ドラッグストアは健康志向な人たちの拠りどころになっていると感じています。そのような場所で、人々の健康と美をサポートするビューティーアドバイザーになりたいと思っていました。この学校に決めたのは、実務実習先が100%確保されていることと、就職先で即戦力になることができると思ったからです。お客様から指名されるようなスタッフをめざして頑張っています。

左:森谷 莉帆さん(山形県/山形西高等学校出身)

右:佐々 順子先生(情報通信技術 情報リテラシー 他)